>> おすすめプログラミングスクールランキングはこちら!

【ネタバレ・評判】映画『ノーゲーム・ノーライフ ゼロ』原作未読の超正直な感想は…!

アニメ

先日、ドライブ中のBGMがてらに久しぶりにアニメ『ノーゲーム・ノーライフ』を流していました。
久しぶりにノゲノラ観ていたら、やっぱりめちゃくちゃ面白くって家でも必死に観はじめちゃって…

そして全話観終わって気付いたんですが、

「あれ?そういえば劇場版観てないぞ…?」と。

 

(公開から2年近く経って)満を持して映画『ノーゲーム・ノーライフ ゼロ』をはじめて観たのですが、正直な感想を言うと、原作未読の人には優しくないなって感じでした!

劇場版だけあり、映像や音楽、ストーリーじたいも圧巻だったので間違いなく映画自体は観た方がいいです!

めちゃくちゃ良い映画だったからこそ、気になるポイントが出ちゃったんだね…

 

  • ネットの評判
  • 内容の解説(ネタバレあり)
  • 原作未読者的に不満だったポイント

を説明していきます。

ちなみに、【フジテレビオンデマンド】を利用すれば無料で『ノーゲーム・ノーライフ ゼロ』を視聴できますよ!

 

『ノーゲーム・ノーライフ ゼロ』ってどんな映画?

上映日2017/7/15
監督いしづかあつこ
制作MADHOUSE
キャスト松岡禎丞、茅野愛衣、日笠陽子、田村ゆかり

 

それは一切の争いが禁じられ、全てがゲームで決まる
《盤上の世界(ディス・ボード)》が
創造されるはるか以前の出来事。

世界を統べる唯一神の座をめぐり、
終わりの見えない大戦が続いていた時代。
天を裂き、地を割り、星さえも
破壊し尽くさんとする凄惨な戦争は、
戦う力を持たない人間たちに理不尽な死を撒き散らしていた。

強大な力を持つ様々な種族に追いやられ、
存亡の危機に瀕する人間を率いる若きリーダーの名はリク。
一人でも多くの人間が明日を迎えるために心を砕き、
擦り減らす日々が続くある日、
リクは打ち捨てられた森霊種(エルフ)の都で
機械仕掛けの少女・シュヴィと出会う。

機械には持ち得ぬ心に興味を持ってしまったことで
エラーを起こしてしまい、
仲間たちから廃棄されてしまったシュヴィは、
エラーを修正するため、リクに《人間の心》を
教えてほしいと頼むのだが……。

これは六千年以上もの昔に紡がれた
《最も新しい神話》へと至る《最も古き神話》。
記録にも記憶にも残らない、
誰にも語られることのない物語が今、幕を開ける——。

(引用:ノーゲム・ノーライフ ゼロ公式サイト

アニメ『ノーゲーム・ノーライフ』の6000年前の世界の話。
テトが神になる前、世界がまだ各種族間の終わらない戦争で満ちていた時代です。

 

アニメ版での話が前提になっているので、アニメ見ていない人は正直あんまり意味がわからないと思いますが、登場キャラクターなどはほぼ違うので、見てなくても内容自体は理解できます。

 

まずはPVを見てみてください。
アニメとは全く異なる殺伐とした世界観が伝わるでしょう。

公式サイト:http://ngnl.jp/

『ノーゲーム・ノーライフ ゼロ』ネットの感想まとめ

ノゲノラゼロのネットの感想やレビューを集めてみました。

何気なくレンタルしたら後半泣きっぱなしになりました。
おすすめです。

(引用:Amazonレビュー

アニメの方を観て面白かったので、そのまま続きで劇場版も観ました。
アニメ映画を観てこんな感覚はあまり感じたことがないです。良い映画でした。
他の方のレビューでもありますが、映画としてきちんと完成しています。
所詮アニメの劇場版、という感覚で観ないのは損かと。
僕は好きです。楽しめました。おススメです。
是非ともアニメの二期を観たい!笑

(引用:Amazonレビュー

世界の終わりと新たな始まりの物語て感じかな。
まぁ・・・とりあえず後半10分以上ずっと泣いてしまった( ;∀;)

少し高いけど損はないと思うしグラフィックやストーリーもいい出来だと思います。

さぁ、泣いてくれ(‘Д’)

(引用:Amazonレビュー

 

もうとにかくみんな泣きすぎ。

そんなにいいなら観るしかねぇ…!!!
絶対に泣いてやる…!

ってすごい期待値上がりながら、土曜日の夜に準備して一人鑑賞会しました。

ノゲノラゼロに対して「泣いた」との声が多数なのだが…

先に結論言っておきます。

いい映画でした、いい映画だったんだけど…!!!

 

泣けなかったんだぁぁああああ!!

 

ネットの評判からもかなり期待値が高まっていたのもあります。
それでも、映画を観ながらずっといくつかの疑問が頭の中で回って仕方なかったです。

『ノーゲーム・ノーライフ ゼロ』の内容・ネタバレ解説

まずはストーリーのあらすじや、内容をネタバレありで、感想交えながら解説していきます。

冒頭では、唯一神テトがいずなとゲームをしながら歴史を語る

一番初めは、唯一神であるテトが初瀬いずなとゲームをしています。いずなは負けて悔しがり、テトは魚のお礼にゲームをしながら、6000年前の「誰も知らない物語」について語り始めます。

この語りこそが、『ノーゲーム・ノーライフ ゼロ』のストーリーになります。

ノゲノラ本編の6000年前の世界が舞台

舞台はノゲノラの世界の6000年前、まだテトが唯一神になる前で、世界が戦乱の最中だった時代の話。

最弱の種族である「人間」は、他の強力な種族に蹂躙されながらなんとか細々と生きていました。

「人間」のリーダーであるリクが『ノーゲーム・ノーライフ ゼロ』の主人公です。

種族が生き残るために仲間に「死ね」と命じることを繰り返す日々に苦悩するリク

「いつまで生きればいいのか…」

人間にとって、仲間を見殺しにしながらも「理由なき死」が許されない世界は本物の地獄でした。

きっとリクも死んだほうがよっぽど楽で、できるならそうしたかったでしょう。

世界観が辛すぎる…。
この世界では人間は圧倒的「弱者」なんだね…

 

エクス・マキナのシュヴィと人間のリクが出会う

ある時、単独で調査に来ていたリクは、機械であるエクス・マキナにであります。

本来は群れ(クラスタ)で行動するエクス・マキナですが、この個体曰くクラスタからは外れた個体だと言います。

リクは圧倒的強者であるエクス・マキナの登場に警戒しましたが、いきなり襲ってくる様子はなく、むしろ人間であるリクに対して興味を持っている様子。

 

「人間が交わす独自言語を解析する。”ココロ”という独自言語。」 

 

リクはエクス・マキナとチェスのゲームをします。

そしてゲームの結果(勝敗は不明)、エクス・マキナはリクについて人間の集落へ行くことになりました。

リクはそのエクス・マキナを「シュヴィ」と名付けます。

シュヴィとリクが互いに惹かれ合っていく

はじめはリクもシュヴィに心を許すことはなく、むしろ敵対的です。

それも当然のことで、シュヴィのような圧倒的に強力な種族の戦争に巻き込まれて人間は壊滅しているのです。

「テメェらのせいで…何人死んだかわかるかっ…!!!」

ココロを知るために、リクに接近しようとしてくるシュヴィに対して怒りをぶつけるリク…

 

ここは本当にいいシーンだった…
リクのどうしようもない怒りと苦悩がよく出ている…

 

ですが、シュヴィはあくまでリクに対して敵対的ではなく、リクを怒らせてしまったことに自分を殺させてでも謝ろうとします。

「シュヴィは、リクのやりたいをやりたい」

 

リクは自分たちを苦しめる世界に対して怒りを持ちますが、それをシュヴィにぶつけても仕方ないこともわかっていて、さらに苦悩します。

 

そして、次第にリクはシュヴィと理解しあい、世界に対して『幽霊』として対抗し、隠れるのを辞めて戦争を終わらせようと誓います。

「だけど、もしもこのゲームを本当に成し遂げて、勝利できれば、
俺ら…最高にかっこ良く生きたって胸張って死ねると思わねぇ…!?」

自分達に10のルールを設けて、情報の操作を武器にして、戦争を終わらせるために必要な「スーニアスター」を目指します。

 

 

そしてリクがシュヴィに突然のプロポーズ…!!??

個人的には「え?なんで?」って感じでしたが…

ですがここでシュヴィが胸に秘めていたことを告白します。

「無理…だよ…。だって…リクの故郷滅ぼしたの…シュヴィだもん…」

実は物語冒頭で描写されていた子供時代のリクの故郷が滅ぼされていたのは、シュヴィたちの戦闘によるものだったのです。

シュヴィはずっとこのことを気に病んでいたんだね…!!機械とは…。

 

ですがリクは実はそのことも全部知っていたとのこと。

「それを全部織り込んだ上で、シュヴィに惚れたから、かな…」

 

ずっとリクの故郷を滅ぼしていたことを気にしていたシュヴィは、リクの言葉に涙します。

「文字通り、見た目通りのふつつか者だけど、ずっと、ずっとずっと、側にいさせてください」

 

うわぁぁぁぁああああああ

流石にこれはいいシーンすぎる…!!!

ここでシュヴィとリクは本当に心から結ばれます

 

そして、コロネに立ち会ってもらって3人だけで式を挙げます。
その際に書面には名前を残せないため、コロネのペンダントに3人の名前を刻みました

 

POINTリクとシュヴィが過去の因縁も全て受け入れた上で結ばれた

アニメノゲノラにも出るジブリールvsシュヴィがアツすぎる

黒灰に体を蝕まれたリクを想って、一人で作戦を進めようとするシュヴィの元にアニメでも登場したフリューゲルのジブリールが現れる。

「ごきげんよう、スクラップ」

ジブリール先輩怖すぎる…

 

首を集めるジブリールに対して、

「だから…見逃して欲しい」

と命乞いをするシュヴィ…全てはリクとの約束を果たすため。
ですがあえなく命乞いを断られて、戦闘開始になります。

機械なのに命乞い!?シュヴィはもう機械じゃなくて”ココロ”を手に入れているんだろうね…

 

「死にたくない。死ねない。シュヴィのせいで…敗北…なんて…!」

命乞いも届かず、圧倒的な戦力差にボロボロにされるシュヴィは、最後の手段として近くのエクス・マキナのクラスタ(群れ)に連結を求めます。

シュヴィは大好きなリクとの大切な全ての記憶を渡すのに、連結を渋るクラスタに対して怒りをぶつけます。

本当は連結なんてしたくなかったのに、自分のせいでリクに迷惑をかけれないと必死なんだね…

 

ボロボロにされながら必死に説得し、なんとか貴重なエラーを持ったデータとして、クラスタが連結を許可します。
連結するまでの251秒までなんとか死なずに持ちこたえろとのこと。

 

シュヴィは持てる全てを持ってジブリールに対抗します。

「シュヴィ…名前言ってなかった…それが私。
リクにもらった大切な名前。」

 

必死の猛攻も虚しく、最後にリクにもらった指輪を庇ってシュヴィはやられてしまいます。
しかもそれを指摘されて、ミスではないと言うシュヴィ。

これは痺れますなぁ…

 

ですが、トドメをさされる直前にギリギリ連結が間に合い、おそらくシュヴィが自爆してジブリールは力を使い果たしてしまいます。

まさかのここでシュヴィ脱落…!?まじ!?

POINTシュヴィvsジブリールが今作の最大の見所!
多分みんなここで号泣なんでしょ!!!泣けなくて悔しかった!

 

世界を再構築するためにリクがスーニアスターを前に…

シュヴィの死を知って絶望するリクの前に、エクス・マキナのアインツィヒが現れます。
シュヴィからの最後の伝言として、「自分は道具でしかないから、戦いを継続して」とのこと。

 

そしてリクはエクス・マキナと共にエルフ・ドワーフ・フリューゲルが集う最後の戦いに臨みます
全ては作戦通り。

 

エクス・マキナの群れの協力で、それぞれの種族の最大の攻撃を誘導することに成功し、ぶつかった衝撃でスーニアスターが現れます。

リクは目の前に現れたスーニアスターを手に取ろうとしますが、手が崩壊してしまい、取ることができませんでした。

「ごめんなシュヴィ…また負けたよ…。

 なぁシュヴィ…俺とお前、もしも2人で1人だったらさ…今度こそ勝ちたいな…今度こそ誰も死なないゲームで…」

そしてリクは最後に絶望の中でゲームの神様に祈ります。

そこでリクの横を通ってさっとスーニアスターを取っていく、見たことのある影が…

ここで唯一神テトが誕生したのかぁぁあ

 

【パーペチャアルチェック】
チェスにおける引き分け。チェックはできるけど、永遠にチェックメイトまで持ち込めない形。
最後にドーラが伝えられた通りに駒を動かしたことで、リクは幼少のころから戦ってきたテトに対して、初めてこの形で”引き分け”た。

現代に戻って最後のシーンの感動で締めくくり

現代でいずながゲームをしながらテトの話を聞いていたシーンに戻ります。

いずなたんは話を聞いて号泣。そこへ空と白とステフが登場。

ステフの首元のペンダントに目ざとく反応したいずながそれを取って見ると読めない文字。ジブリールを呼び、読んでもらいます。

 

ジブリールの登場に対していずなが、

「よく考えたら、だいたいコイツのせいじゃねーか、です。」

って言ってるのがめっちゃ好きでした(笑)

 

コローネ・ドーラ

リク・ドーラ

シュヴィ・ドーラ

の3人の名前が。。ステフがいつも付けているこのペンダントは、結婚式の時のアレだったんですね…

コローネ・ドーラはエルキア建国の女王でステフの祖先でした。

ですが誰もリクとシュヴィのことは知りません。だから「誰も知らない」物語、なんですね。。

 

映画『ノーゲーム・ノーライフ ゼロ』で原作未読者として気になったところ

今回の記事のメインなのですが、『ノーゲーム・ノーライフ ゼロ』を原作未読の僕が読んで気になった部分を紹介していきます。
「え…?なんで??」ってなったり、作中ずっと引っかかってました…。

リクとシュヴィの距離が縮まる速度、早すぎない??

最初は憎みすらしていたのに、リクがシュヴィに気を許す速度が早すぎて気になりました。

やったことと言えば、

  • シュヴィをお風呂に入れる
  • 一緒にエルフの基地へ行く
  • 吹雪を待つ間に一緒にチェスをする

だけです。期間にして1~2日くらいじゃない?

 

流石にリクの怒りがおさまって、シュヴィにプロポーズにするのは進みすぎじゃない??

 

マジでこの違和感が最初から最後まで頭の隅にずっとあって辛かった。

時間の関係が原因だろうから仕方ないのはわかるのですが、もう少し一緒に冒険したり、ケンカしたり、話したり、色々しないと2人の関係性が飛躍しすぎてビビる。

ついていけないから、最後まで共感できない。

共感ができないから、心のそこから泣けなかった…

 

ストーリー的にもよかった分、物語のキモであるこの2人の人間関係の構築部分がさらっと流されすぎてて、最後まで引っかかったのが残念…

 

あとついでに言うのであれば、シュヴィが命をかけたり、そこまでして人間のココロの調査にこだわった理由も気になる。
まぁこっちは、あくまでシュヴィは機械だし、メインの視点はリクだらかいいんだけど…

 

もしこれから見る人がいるなら、「絶対にそこは気にしちゃいけない」と心に誓ってから見てください。

これさえ気にならなければ、もっともっと感動できたよ。。

「幽霊たち」の暗躍、うまく行き過ぎ&カットされすぎじゃない??

リクが結成した「幽霊たち」ですが、

何でそんなサクッとうまく行ってんの???

 

シュヴィも作戦の成功確率はほぼ0%と言っていますし、最弱の種族として隠れ続けた人間がそんなうまくに立ち回れるか…?

それこそ他の種族同士の流れ弾みたいのでアッサリと全滅しちゃうじゃん…

あと、リクとシュヴィ以外にたくさんいた仲間たちはどこへ行ったよ…

彼らの活躍や戦いも見たかったよ…

 

暗躍シーンで一番大きく描かれていたのはエルフへの潜入ですが、その際にシンク・ニルヴァレンと、有害物質である「黒灰」を体内に取り込んで交渉します。

「騙すため」くらいには理解できましたが、なんで「黒灰」飲んだ騙せんの…?

みたいな疑問は当然残りますよね。。

流石にこれは原作読めばわかるやつでしょうが…疑問が残るのは極力避けたいですよね〜〜

 

最後の大戦シーンの作戦がよくわからんかった。。

シュヴィが死んでから、リクはエクス・マキナと共に最後の戦いに臨みます。

ここもエルフ、ドワーフ、フリューゲルが大集結して、それぞれの最大の攻撃を放つのですが、この辺の描写がなかなかによくわかりませんでした。

あとそもそもなんでエクス・マキナはそんな総員でリクを助けだしたの…?

 

あと、オールドデウスのアルトシュ様の声が聞こえづらすぎる。コイツ何言ってんの??ってなった。

 

まぁなんだかんだあって、なんだかんだ作戦がうまくいって、なんだかんだと全てのエネルギーがぶつかり合って、なんだかんだ収束して、なんだかんだリクの前にスーニアスターが現れたんだなぁ…

くらいの理解になってしまいました。

 

まぁシュヴィがいなくなっちゃったし、いいんだけどね…

改めて書いていたら、感動してきた。

色々よくなかったところ挙げたのですが…

映画観て、泣けなくて、上に書いた違和感もあって、この記事書いていたら、なんか今更めっちゃ感動してきました(笑)

結論を言うと、原作未読勢にはちょっと細かい設定がわからなかったりするけど、ストーリー的にはめっちゃ感動するので、ノゲノラファンには超おすすめって感じです!!!

原作小説『ノーゲーム・ノーライフ ゼロ』を読んでみることに

とりあえず、説明不足、映像不足で気になっている部分は原作読めばだいたい解決するかな〜と思ったので、原作6巻だけ買いました!

ちなみにシリーズで他の巻は一切読んだことありません…!

でも多分いけるはず…!

映画を120%楽しむためにこれだけでも読んでおきます。

原作読んでいる人からしたら、やっぱりどっちも見ることで楽しめるらしいので…!

 

映画『ノーゲーム・ノーライフ ゼロ』はFODかAmazon プライムビデオで!

映画『ノーゲーム・ノーライフ ゼロ』は【フジテレビオンデマンド】を利用すれば無料で観ることができます。

本来は月額888円で、

  • FODプレミアムのアニメ・ドラマ・映画が見放題
  • 対象の漫画が読み放題
  • 人気雑誌の最新刊読み放題

といったサービスなのですが、初月1ヶ月は完全に無料で利用できます。
Amzonと連携するだけなので、登録もめちゃくちゃ簡単です。

『ノーゲーム・ノーライフ ゼロ』が観れるサービスは少ないので、もし観るのであれば【フジテレビオンデマンド】の利用がおすすめ。

 

無料キャンペーン中!【FODプレミアム】




また、アニメ『ノーゲーム・ノーライフ』本編なら、Amazonプライムビデオで全話観れるのでおすすめです。

僕もプライムビデオを愛用していて、ノゲノラ久々に見返して映画が観たくなったという流れでした(笑)

こちらも1ヶ月間完全無料で利用できます。

 

アニメ『ノーゲーム・ノーライフ』2期はまだなのか…

まだ制作の発表も何もない2期ですが、果たしてやるんでしょうかね…。

いや、やってくれないと本気で悲しいのですが。

1期の終わり方的にも、完全に2期に繋がりますし、ノゲノラはめちゃくちゃ人気なので円盤の売れ行きも良いみたいです…

なんとかして2期やってほしいものですね…!!

 

以上、今回はここまでした!

アニメ
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
あつきをフォローする
ぽんでらいふ