>> 目的別おすすめプログラミングスクールはこちら!

一人暮らしに疲れた社会人は家事の手を抜くだけで幸せになる【家事代行】

Life

 

社会人で一人暮らしをしているみなさん、疲れていませんか?
多くの人は仕事をはじめ、さまざまな日常雑務に追われ、疲れきっているかと思います。

 

どうすれば良いのかもわからず、ただ多忙な日常に追われて疲れ続ける毎日。
平日は仕事に追われ、週末に溜まった家事をして、家で休むことしかできません。

 

それが楽になったらどれだけ良いことでしょうか。
趣味や好きなことにも時間を割け、精神的な疲れもなくなり仕事でのパフォーマンスも上がります

 

そうなるための魅力的な方法があるのです。
それが一人暮らしの家事の手を抜くことです。

 

特におすすめなのが、最近人気な家事代行サービスを利用して、時間も体力も気力も奪っていく家事をやらないことです。
これだけでめちゃくちゃ生活が楽なりますよ!

 

▼家事代行サービスを詳しく見てみる

 

スポンサーリンク

社会人はただでさえ仕事で忙しい

そもそも社会人は仕事だけでも相当忙しく、疲れ切っています。

20代・30代は仕事もプライベートも忙しい

特に若い20~30代は、かなり忙しいでしょう。
慣れない仕事、新しい事業、職場の人間関係、会社での人間付き合い、プライベートでの恋愛…数え上げればキリがありません。

当然、その分疲れも溜まります。そのため、自分の趣味の時間などを作ることは結構難しいでしょう。

 

一人暮らしで家事を全てやるのは相当な負担

そんなただでさえ忙しい社会人です。
一人暮らしで、家の家事を全て自分で行うのはかなりの労力でしょう。

時間も体力も気力も必要です。

掃除、洗濯、料理、皿洗い、ゴミ出し…日常的にやっていれば小さなことかもしれませんが、積み重なると家事は結構な量になります

 

これだけの種類を一人でやるのは…。

 

 

多くの人は実家か共同で行なっている

現在している人は当たり前のように感じているかもしれませんが、一人暮らしというのは割と特殊な生活様式です。

世の中の大半の人は、家族や他の人がやってくれたり、夫婦で分担して家事の負担を減らしています

 

まずは、そういった複数人で分担すべき業務を全て一人でこなすのは、結構大変なことだということを認識してください。

 

本来分担すべき家事を全部1人で行うことになる一人暮らしはかなり大変。

 

家事で疲れないように出来るだけ手を抜く方法

それでは、生活のための家事で疲れ切ってしまわないようにする方法をご紹介します。

仕事・趣味などといった「自分のやりたいこと」に対して、家事は「仕方なくやらなければならないこと」です。家事に自分の生活を邪魔されるべきではありません。

 

家事の「手を抜く」ことで、うまくバランスを保っていきましょう

 

掃除用具に気をつかう

極力負担を減らすために、掃除用具は効率的なものを選びましょう。
典型的なのはルンバですね。

今では一般家庭にも普通に置いてあるようになりましたね。

 

クイックルワイパーなども掃除が楽になるアイテムとしては欠かせませんね。

 

コロコロは絶対に100均のものではなくこちらを使ってください。全然違う。

 

代表的なものだけ紹介しまたが、掃除用具の質によって掃除にかかる時間も手間も大きく変わってくるので、先にちゃんと揃えておきましょう。

 

全部は自炊しない

「料理は全部自炊しなきゃ…!」と思っている人がたまにいますが、全くそんな必要はありません。

最近では、各種ファーストフードが発達して、安く手軽になんでも食べれる時代です。

またコンビニ弁当も栄養バランスに気を使っていて種類も豊富です。

もちろん自炊することは良いですが、自分の時間と余裕を考えた上で、これらの外食とうまく組み合わせていくのがおすすめです。

 

最近の外食は優秀なのです!

 

洗濯をこまめにして楽をする

よく洗濯物を1~2週間ほど溜め込む人がいますが、洗濯物はこまめにした方が楽です。
一人暮らしなら週2回くらいが、一番良いのではないでしょうか。

テンポよく回していくことで、1回の洗濯物の量を減らし、「めんどくさい」という精神的負担も軽減させていくのがコツです。

 

また、値段はしますが、乾燥機付きのドラム式洗濯機を持っていると、洗濯のストレスはゼロです。

 

サイクルを決めてしまうと楽

家事に総じて言えることですが、サイクルを決めて習慣化してしまうと楽になります。

例えば、食器はご飯後に絶対にすぐ洗う、洗濯は水曜出勤前と日曜日の午前、トイレは汚れたらすぐにその場で掃除、などとざっくりとしたルールを自分につけてしまうのです。

 

これをすることで、一度このルールに慣れてしまば、あまりストレスを感じずに家事がスムーズに終わるでしょう。

 

一人暮らしの家事は、1つ1つの労力は大きくないので、溜めないようにサイクルを決めてサクサク行うと楽!

 

家事代行サービスCaSyで負担を減らそう!

さらに、おすすめしたいのが家事代行サービスCaSyです。

家事代行サービスは一人暮らしの社会人におすすめ



 家事代行サービスは、その名の通り、自分の家の掃除などの家事を代わりにやってくれるサービスです。以前流行った「逃げるは恥だが役に立つ」のヒロインみくりも家事代行として働いていましたね。

 

一人暮らしの社会人は、多忙な生活の中で日常的に多くの家事を一人でこなさなくてはいけません
そのため、疲労は溜まり、自分に使える時間はなくなっていってしまいます。

 

そんな一人暮らしの社会人にとって、面倒な家事を一部肩代わりしてくれる家事代行サービスは打ってつけだと言えるでしょう。
逃げ恥も1つのきっかけですが、家事代行サービスは近年どんどんそのシェアを拡大して、多くの人が利用するようになっています。

 

最近人気のサービスなんだよ…!

 

 

CaSyは業界最安価の家事代行サービス

いくつかある家事代行サービスの中でもCaSyは、業界最安価で、1時間2190円という値段設定になっています。これは正直かなり安いですね。

  • 面倒な掃除をしなくて良い
  • 自分の時間が作れる
  • 体力的にも休める

と、メリットだらけです。
2190円なんて1回飲み会に行くよりも安いですね。
行きたくもない飲み会に行くくらいなら、断って家事代行を頼んでみましょう。

 

流れとしては、予約してきた日時に、スタッフが家に訪問してきて、指定時間内でお願いした清掃などの業務を行ってくれます。
特に面倒な、コンロ周りなどのキッチン清掃、浴室清掃などをお願いする方が多いようです。

(なお、料理代行サービスも行っています

 

業務内容に関しては融通が効き、事前にお願いしていた内容が終わって時間が余っても、別の箇所の掃除をお願いすることもできます。

 

アプリからサクッと予約で簡単に使える

Casyの魅力は、専用のアプリからサクッと予約して、簡単に呼べる点にもあります。

スポット利用であれば、なんと最短で利用の3時間前まで予約可能です!

スタッフと直接チャットでやりとりが可能で、清掃を頼みたい箇所・詳細などを連絡できます。

 

Casyは手軽に利用可能!

 

家事代行サービスCasyの評判

実際にCasyのサービスを利用している人の口コミを集めました。

一人暮らしですが、平日は仕事で忙しく、もともと綺麗好きだったため、休日の時間が掃除や家事で潰れてしまっていました。趣味の時間を作りたいと思い立って、Casyを利用することで、水回り・リビングの清掃、洗濯物を畳むのをお願いしていますが、かなり楽になりました。
(30代男性)
とにかく仕事が忙しくて、平日はもちろん休日も仕事なんてこともあります。とはいえ、家に帰った時に散らかっていると気が滅入るので、家事代行をお願いしました。日常的に水回り・部屋の清掃に加え、ホームパーティーなど来客前後の清掃をお願いしています。その時間を自分は自分のことに使えるので、時間を有効活用できて嬉しいです!
(20代女性)
外食ばかりだった食生活を改善したいと思って、料理代行をお願いし始めました。メニューはお任せで、買い物代行もまとめて行ってくれるので、簡単に主菜・副菜と栄養バランスの良い食事を取れるようになりました。数日分の食事をまとめて作って、タッパーに保存して置いてくれるので、小腹が空いた時などにも助かります。
(40代男性)

 

目的や状況は人それぞれですが、共通しているのは、社会人が働きながらの一人暮らしは忙しくて余裕がなさそうですね!

みなさんCasyの家事代行サービスを有効活用して生活を改善して、自分の時間をしっかりと確保できるようになっているようです。

 

一人暮らし社会人の家事代行利用の満足度は高い!

 

家事の負担が減れば一人暮らしの生活は激変する!

今働きながらの一人暮らしで、疲れている人は想像してみてください。
もし家事の負担が減れば、自分の生活はどのようになるでしょう。

1つ1つの家事は大したものではないので、「人に頼むほどのものではない」と思うかもしれませんが、積み重なり大きな負担になっています。

時間的な自由が得られる

まずは、家事をしていた分の時間が取り戻せます

一人暮らしの社会人だと、多くの人は平日は忙しいので週末にまとめて掃除・洗濯をしていることでしょう。

その週末の掃除洗濯の時間を、自分の趣味や買い物、友達と遊んだり、映画を観たりしてリラックスして過ごせるようになります

貴重な週末を家事して疲れて終わったら勿体無いからね…

 

 

肉体的に休めて疲れが取れる

また、デスクワークとは異なり、家事は結構肉体労働です。
一通りまとめて家事を行おうとしすると、結構な負担になります。
掃除・洗濯が終わった後に「疲れた〜!」ってなりませんか?

その肉体的な疲労も必要なくなるので、ゆっくりと身体を休めることができます。
休日に何もせずに、一日中寝ていたい日もありますよね?

 

しっかり休みを取ることで、翌週からの仕事でもパフォーマンスが上がるという好循環が生まれます。

 

精神的に余裕が持てる

また一人暮らしの家事は、意外と精神的な負担になるのです。
「あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ」という「やらなきゃいけない」感覚になりがちです。

そういった感覚は、人から余裕を奪い、精神的に追い詰めていきます。
なので「誰かにやってもらえる」という心の余裕を持つことで、より生活が豊かになることでしょう。

 

まとめると、一人暮らしで家事の負担を減らすメリットは以下のようになります。

・時間的な自由が得られる
・肉体的に休めて疲れが取れる
・精神的に余裕が持てる

 

家事は小さく積もって大きな負担になってるんだね

 

 

家事代行サービスを使うことは甘えじゃない

家事代行と聞くと、よく「家事代行なんて甘えじゃ…」みたいに使ったこともないのに抵抗感を抱く人がいますが、それは間違っています

お金を払って、サービスを買う
美容室でもなんでも、みんなが日常的に行っている行動と同じなのです。

欧米では家事代行なんて当たり前

そもそも、家事代行に抵抗を示すのは日本的な特徴です。

欧米では結構、ベビーシッターや家事代行なんていうのは、利用して当たり前のサービスです。
自分の時間と余裕と体力を無駄に消費しないために、サービスを買うのは至極当然でしょう。

 

「やりたくないこと」でも「我慢してやらなくてはいけない」というのは、旧日本的な勿体無い考え方です。「やりたくないこと」で「誰かに任せられること」なら、お願いしてしまばいいのです。

 

自分の時間とやりたいことをもっと大切にしましょう

 

日本でも急成長している

なお、欧米を比較にあげましたが、近年は日本でも家事代行サービスの市場は拡大して、どんどん多くの人が利用するようになっています

 

女性の社会進出とも連動し、共働きの世帯や、一人暮らしの社会人が主に利用しています。
これからは更に広まり、家事代行サービスの利用は一般的になっていくでしょう。

 

一人暮らし含め多くの人が利用している

急速な市場拡大に伴い、日本人でも多くの人が家事代行サービスを利用しています
(「逃げ恥」の流行も家事代行サービスの利用に一役買っています(笑))

口には出さなくても、意外と周りでも利用している人は多いでしょう。

やがて、忙しい一人暮らしや共働きの世帯では当然になってくるでしょう。

 

多くの人が利用してるからこそ、安心して利用できますね。

 

家事代行サービスを利用することは怖くない!
忙しいなら自分の生活を豊かにするために積極的に利用すべき!

 

家事で疲れて消耗するのは本末転倒!

当たり前のことですが、家事で疲れ切って、自分の生活や仕事に悪影響が出るのは本末転倒です。

 

一人暮らしの家事には限界があるので、うまく手を抜くことが重要です。

その中で家事代行サービスは、かなり安く自分の生活の負担を減らせます。
やりたくもない家事に疲れている人には、かなりおすすめのサービスです。

 

家事とは適度に距離をとって、うまく付き合っていきましょう!

 

 

一人暮らしで疲れている社会人は、自分の時間と労力を本当に家事にかけていいのか考えてみてね!

 

Life
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
あつきをフォローする
ぽんでらいふ

コメント