>> 目的別おすすめプログラミングスクールはこちら!

うるさい!時代が何だ!社会がなんだ!自分の日々を生きるのに必死なんだ!

Life

f:id:mockenbird1010:20180108165501j:plain

 

 

眠れない布団の中からこんばんは

 

 

寝れなすぎて辛い。

思ったことをつらつらと。

 

 

きっかけはスペイン内乱についてのレポートを書いてるとき。なんか、戦争についての話ってうまく書けないなぁ。多分自分が全く実感として知らないものだから、想像が及んでないんだろうな…。「戦争はよくないね」って結論で締めるのもさ、「そんなことは知ってるよ!でもなくならないんだよ!」って話じゃないですか。だからどうすれば戦争はなくなるのか、とか、何をすればいいのか、とか考えなきゃいけないんですよねきっと。

そんなことを書きながら考えていたら混乱してきちゃって。

 

 

でもさ、そんなこと言ったってさ、実際に僕らの世代は戦争を知らないわけでさ…。

 

こんなことを言ったら怒られるかもしれないけど、興味がわかないんだ。たぶん。わからないから。

 

 

これ戦争に限った話じゃない。例えばさ、今の社会。どんどん変化は加速していくよね。政治もそうだし、経済だってそうだ。文化的なものだって変化は加速している。全部情報化によるものだ。

わかりやすいように例をあげよう。例えば仮想通貨。もう凄いよね今。誰もが後悔してるよね、1年前に少しでも買っておけば…。ってさ。億万長者も全くもって夢じゃなくなったんだ。僕も買っていたかった…くそう…

 

 

じゃなくて何が言いたかったんだ。そうそう、社会の変化が加速するのはいいよ。それはきっと進歩とも呼べるものなんだろう。進歩が必ずしも良いものだとは思わないけど。

 

 

でもさ、僕はよくついていけなくなるよ。ついていかなきゃだめ。だめではないけど、お前が悪い。いや、別に誰に言われたわけでもないけどね。自分でなんとなく感じてるだけなんだけど。

 

 

僕は自分の日々を生きるのに必死なんだ。なんてことない普通の日々を。『必死に』頑張っているわけじゃない。何かを特段頑張っているわけでもないし、めちゃくちゃ忙しいわけでもない。むしろ何もしない気楽な生活をしてるだろう。でも『必死に』生きている感じがする。

 

朝起きて(朝とは限らないけど)、ご飯を食べて、夜寝る(夜とは限らない)。

 

何故かこれだけのことが大変だったりする。生存のためのことしかしてないのにね、これ。本当に特に何もしてないんだよ、最近。

きっと毎日働く大人たちに怒られるよね「お前ニートみたいな生活して何言ってやがる!」って

きっともっと大変な環境に居る人たちに恨まれるよね「そんな何不自由ない裕福な家庭で満足な生活をして何様のつもりだ」って

 

わかってるよ。そんなこと。わかってるつもりだよ。かなり恵まれた環境に生まれて、何不自由なく育てられて、しかも何も大変苦労することをしている訳でもない。頑張ってるいる訳でもない。

 

だからね、何が言いたかったかって言うと、生きているだけでも結構大変だよね、って話。自分を慰めているの。

 

特段、何をしてる訳でもないけどなんとなくね。それだけのことが結構大変だったりする。でもそれって意外と当たり前なことなんじゃないのかな。現代はいろんなことが起こりすぎて、いろんなことが進みすぎて、「あれをやらなきゃ。これもやらなきゃ。」って状況。でも本来生き物が日々を生きていくって、それだけでとっても大変だし、とっても凄いことだし、とっても美しいものなんじゃないかな。

だからね、みんなもっと自分のことを大事にちゃんと見てあげていいんじゃないかなって。

周りのこととか、社会のこととか、将来のこととか色々あるけど。そんなことは全部あとまわしでいいから、今の自分自身のことをゆっくりと時間をかけて面倒をみてあげる。それが大事だと思うんだ。そっちほうが優しくてあったかい社会になると思うんだ。

 

こんなことをこんなところで書いたところで、どうなるわけでもないけどさ。社会の変化は止まらないし、それどころかきっと加速していく。それに伴って個人個人もきっと、今以上にたくさんの情報を処理しながら生きていかなくちゃならなくなるし、それが『当たり前』になっていくんだろうな。平たく言えば「慣れて」いく。「慣らされて」いく。

 

世の中にはそういう流れの先頭に立って舵を切っていたり、流れを読んでいたりする人がいる。本当に凄いと思う。また仮想通貨の例になるけど、Twitterで先頭に立って意見を言い、動いている人たちをたくさん見る。強くてかっこいいなぁって思う。そういう人たちがよく「これからの時代は個人が主体的に動いていくんだ。個人がより重要となり、誰でも大きなことを出来るようになる。面白いぞ!」みたいなことを言っていたりする。それは確かに面白そうに聞こえる。インターネットによって時代はどんどん変化していき、今ではその辺の企業より力を持つ個人の存在がチラホラ出て来ていたりする。面白い。確かに。可能性にあふれているし、僕自身そういうシチュエーションは結構好きだったりする。

でもさ、なんかそれも結局大きな流れに乗っているだけというか。だけってことはない。勿論それはすごいことだ。でもなんというか、「また次の流れが来る」っていうのが何となくわかるじゃないですか。いつまでそれを続けるんだろうって思っちゃう。時代の先頭に立つようなかっこいい人たちですら、その流れに強制されて忙しなく動いているようにみえてしまう。もちろん彼らの意志があってこそなんだろうけど。そう考えると何故か少し虚しくなる。

 

変化を続ける社会に対して、弱っちくて疲れ気味の若者が不平を垂らしただけです。特にこれといった主張があるわけでもない、寝れない深夜のボヤキです。見逃してやって下さい。

 

やっぱり、言いたかったことは

僕は自分がふつうに生きているだけで精一杯です。

 

 

Lifeひとりごと
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
あつきをフォローする
ぽんでらいふ

コメント