>> 目的別おすすめプログラミングスクールはこちら!

リアリスティックなダークファンタジー好きは絶対ハマるよ。超おすすめ漫画『メイドインアビス』評価・感想

Life

f:id:mockenbird1010:20180105235219j:plain

こんにちは〜今回は僕が最近3日間で漫画とアニメ全部見ちゃったくらいにはハマったファンタジーをご紹介しますよ!

 

さてさてでは行ってみましょう

今日紹介してくて仕方ないのが『メイドインアビス』って漫画です

スポンサーリンク

メイドインアビスとは

f:id:mockenbird1010:20180105231348j:plain

作者:つくしあきひと
出版社: 竹書房
巻数:7巻(連載中)

絵が可愛らしいファンタジーなのですが、内容がかなりシリアス。そもそも冒険に行く時点で二度と帰ってこれないとわかっている設定がなかなかに酷いですよね。こんなに幼い子たちが…

最新刊が待ち遠しいです(遠い目)

 

あらすじ

人類最後の秘境と呼ばれる、未だ底知れぬ巨大な縦穴「アビス」。その大穴の縁に作られた街には、アビスの探検を担う「探窟家」たちが暮らしていた。彼らは命がけの危険と引き換えに、日々の糧や超常の「遺物」、そして未知へのロマンを求め、今日も奈落に挑み続けている。

ヒロインのリコは孤児院で暮らす探窟家見習い。アビスへの憧れが人一倍強い彼女は、母のような偉大な探窟家になることを夢見ていた。ある日の探窟で、リコは謎の存在に生命の危機を救われる。その何者かが放った熱線の跡を辿ると、そこには少年そっくりのロボットが倒れていた。

メイドインアビス – Wikipedia

 

簡単にまとめると、

謎の大穴が存在してロマンや秘宝を求めて人々がその大穴のなかへ探検へ行く世界の中で、幼い主人公リコが謎のロボットレグと出会ったことをきっかけにして、勝手に未知の世界である深層へと探検に行く。その大穴の中でたくさんの獣や不思議や危険に遭遇しながら最深部で母親が待っているということを信じて進んでいく。

というお話です

 

おすすめポイント

世界観

f:id:mockenbird1010:20180105235204j:plain

まずはファンタジー。やはり何と言っても世界観の作り方が大切な要素です。『アビスの大穴』という謎に満ちた未知の塊。そして危険を顧みずそこへ挑み続ける『探窟家』たち。そして彼ら探窟家たちが大穴に集まってきたことによって形成された街『オーグ』。

この探窟家たちは組織となって管理されていて、白笛(伝説)、黒笛(達人)、月笛(師範代)、青笛(一人前)、赤笛(見習い)、すず持ち(見習い前)という階級が存在します。ちなみに主人公リコはこの探窟家の見習い赤笛で、リコは顔も覚えていないという母親は伝説の白笛です。

 

アビスの大穴の設定

f:id:mockenbird1010:20180105235054j:plain

大穴の詳細な設定と書き込みがファンタジー好きとしてはたまりません。きっとこの作者さんこういうの妄想して描き出すのが大好きなんだろうなぁとか思ったり。

地上にリコたちのすむ大穴の街オースがあります。そして穴の下へ行けばいくほど謎は深くなり危険も増大します

地上:大穴の街オース
1層:アビスの淵
2層:誘いの森
3層:大断層
4層:巨人の盃(黒笛のみ探索許可)
5層:なきがらの海(白笛のみ探索許可)
6層:還らずの都(ここから先から人間は帰ってこれない)
7層:最果ての渦

ストーリーが進むにしたがって次々に全く違ったエリアにいくのでその描写をみているだけでもワクワクします。これをカラーでみたいなって思ってアニメ版を一気見しちゃったわけです。笑

f:id:mockenbird1010:20180105235103p:plain

誘いの森の一部「逆さ森」全てが逆さまに生えている森。なんでもありの世界観がよき

 

アビスの呪い

f:id:mockenbird1010:20180105235133j:plain

そしてやはり設定として一番秀逸なのはこの『アビスの呪い』の設定でしょう。これは深層へ降りることは問題ないけれど、帰るために登っていくときに上昇負荷が体にかかり、正体不明の身体異常を起こすものです。深ければ深いほど深刻。

f:id:mockenbird1010:20180105235143j:plain

階層ごとにそれぞれ違った上昇負荷があり、リアルで怖いです

 

テンポの良い冒険感が良い

f:id:mockenbird1010:20180105235323p:plain

全体を通してかなりテンポよく進んで行きます。「あれ?こんなにスラスラ進んじゃっていいもんなの??」とかも思いますが、まぁ軽い描写だけして無駄に長くはないってことです。このおかげで読んでいて全く飽きません。大事なシーンをしっかり差異化して取り扱っているという感じ。

それでも冒険感を損なわないのは、新しい獣たちの存在やその詳細な設定。あとはそれらを使った調理のシーンなどがあるからでしょうか。『ダンジョン飯』に影響受けてるのかな?笑

 

こちらもめちゃおすすめファンタジーなので是非どうぞ!

 

探検にいくことの危険さのリアリスティックな描写

f:id:mockenbird1010:20180105235340j:plain

そして何と言ってもこれ。

 

全体的にキャラが幼く、可愛らしい絵柄に反してかなりリアリスティックで恐ろしいような描写も結構しています。美しい面ばかりではんく、探検における危険さや辛さも逃さずに描写している。この可愛い絵とグロテスクでリアリスティックな描写のコントラストがこの作品を独特にしている一番の要因で、癖になります。危険や絶望といった自然の当然の部分をしっかり描写することでこそ、美しいものはより美しく、そして危険を顧みずたくましく挑み続ける探窟家たちが気高く映えるのです。

 

※ただこういった描写が多いことは事実なのでグロいのがかなり苦手!って人はやめておいたほうがいいかもしれません。

 

背景設定が重い

f:id:mockenbird1010:20180106013739j:plain

特にこの人気キャラクターナナチの背景からなのですが…可愛らしいマスコット的な見た目だけではなくその背景に抱える過去の闇が物語をさらに重くしています。ただのファンタジーじゃ済まない、そんな雰囲気を生み出している要因です。詳しくはネタバレになっちゃうのでやめておきますが、ナナチの登場から重い設定が結構出てきます!

 

アニメ版について

f:id:mockenbird1010:20180105235219j:plain

さて、漫画で読んだのですが、先ほど言ったようにこの作り込まれた世界を カラーで見たい!って思ってたところにアニメをやっていたことを知って一気に見ちゃった次第です。約30分×13話分一瞬で時間とけた…

2017年の夏アニメで放送していたみたいです。

アニメ版も見た感想としては完成度かなり高かったと思います!

普通にアニメだけだとしても見る価値ありです。アニメなので一部省略されてる部分があるのは仕方ないとして、カラーで動いてるのがやっぱり感動ですよね。当たり前だけど。光の使い方で雰囲気もよく出せていて、内容知っていてもかなり楽しめました。

ただ難点としてはやはり最後。連載中の漫画なので仕方ないですが、次が気になって仕方ない!まだ全然冒険終わってねぇよ!!!って感じでした。仕方ないですがね。最終話そのものの完成度としては文句なかったですよ、はい。(泣いた)

なんとAmazonビデオであるみたいですよ!超お得なAmazon Prime。1ヶ月間のお試し無料期間もあるのでこの期にどうぞどうぞ!

 

▼登録はこちらから

 

▼ 公式HPはこちら

TVアニメ「メイドインアビス」公式サイト

[アニメ続編製作決定だそうです!]

やったね!楽しみ

www.youtube.com

 

漫画購入はAmazonからどうぞ

まとめ買い推奨です!!

まとめ

漫画もアニメもイチオシとか言いようがありません。

 

なぁなぁなご都合主義よりもある程度シビアな設定が好きなファンタジー好きは絶対にハマると思います!

 

ちなみに僕はぱっと見で絵はそんなに好きではなかったのですが(可愛らしすぎて)、読み進めていくうちに全然気にならなくなったし、むしろこの絵だからこそ酷い描写も映えるし、耐えられるのかなぁと感じました。

この期に手を取ってもらえると幸いです! そして熱く周りの人に語りましょう〜

それでは!

 

▼ファンタジー好きは是非こちらも見て行ってください!

【2018年版】美しすぎる世界観に酔いしれる!現実逃避におすすめの異世界ファンタジー漫画厳選20選
こんにちは!今回はおすすめしたい漫画をジャンルわけで紹介です はじめに余談ですが、僕はこの『ファンタジー』という括りをとっても大事にしています。きっとそんなに厳密な区切りはないのでしょうが、おすすめ系の記事なんかでよく...

 

▼ 『とんがり帽子のアトリエ』も超おすすめです!

www.pondelife.com

Lifeアニメ漫画
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
あつきをフォローする
ぽんでらいふ

コメント