>> 目的別おすすめプログラミングスクールはこちら!

【留学】大学生が「海外留学に行きたい!」と思ったらすること・準備

Life

f:id:mockenbird1010:20171214085914j:plain

 

どうも現在チェコ共和国に留学真っ只中のぽんでです!

 

まずはよかったら読者登録して応援よろしくお願いします〜

 

 

 

大学生になって、高校生から色々一気に自由度が増えて、留学に憧れたりもしますよね

 

 

そんな留学を考えている人、またはもう留学することが決定している人向けに

ほとんど準備をしないでノリでしてしまった僕が、留学するに当たって必要であろう準備を教えます

 

なお本記事は僕の経験を基に書いているので、期間は1年でチェコを対象としています。基本的に僕の体験記として読んでね

 

ただ他のヨーロッパ諸国などではそこまで変わらないだろうし、応用が効くと思うので読んで参考にしてみてください!

 

 

 

 

スポンサーリンク

留学先について考える

 

「もうすでに決まってるよ〜」って人はここは読み飛ばしちゃってください

 

「とりあえず留学に行きたい!でも何も決まっていないんだ!!」って人はここからどうぞ!

 

 

交換留学?私費留学?

 

漠然と留学したいとだけ考えている人は、まずはここから。

ほとんどの人が大学生だと思うのですが、留学の仕方として基本的には2通りあります。

 

 

交換留学

 

自分の所属している大学が提携を結んでいる海外の大学に、自分の大学経由で申し込んで決められた期間留学する仕組み。

 

<メリット>

  • 一から全て自分でやる必要はないので比較的ラク
  • 単位交換システム(海外の大学でとった単位が日本の大学の単位として認定されること)
  • 奨学金が取りやすい

大学付属の奨学金がある場合が多く、比較的奨学金は取りやすい場合が多い

  • 授業料免除

これがかなり大きい。日本の大学に留学に行っている間も学費を払いさえすれば向こうでの授業料は免除となる。

 

 

<デメリット>

  • 大学によって提携校が限られている

学校によってはかなり提携校が少ないことも

  • サポートがあまり熱心ではない(大学による)

大学の先生たちは留学斡旋が本業ではないので、正直多くの場合はそこまでサポートが手厚くない。もちろん人にもよるし、こちらから熱意を持って聞いていけば助けてくれる。

 

 

 

私費留学

 

いわゆる留学エージェントと呼ばれる斡旋会社を通して大学とは関係なく留学する方法

 

<メリット>

  • 行き先が自由に選べる

大学に縛られず自分でどこへでも選べるので、「ここに行きたいのに行けない!」ってことにはならない

  • サポートが手厚い

彼らはこの斡旋業が仕事なので万全のサポートをしてくれる

 

 

<デメリット>

  • お金がかかる(斡旋も向こうでの授業料も)
  • 一から自分で探さなきゃいけないので比較的面倒

 

個人的にはただ「留学がしてみたい!」と言うのならば

交換留学が圧倒的にオススメです。値段的にも効率的にも。

 

それでも大学によって枠数も限られてしまうし、行きたい大学があるのであれば選択肢が無限にある私費留学でも選択肢にあってもいいかと

 

 

 

行きたい国を決めよう

 

決まってない人はまずここが大事

決め方は人それぞれ。「どうしてもこの国に行きたい」「大学の提携校から絞る」

色々あると思います

 

 

ただ決められなくなっちゃうくらいならもっと気軽に考えてもいいかとも思います!

 

 

例えば僕がチェコを選んだ理由を簡単に載せておくと

 

「みんなが留学であまり行かなそうな馴染みのない国がいい」

「大学の交換留学で行きたい(提携校)」

「ある程度物価は安くて、かつ綺麗なところがいい」

「母国語は違ってもいいから授業は英語で受けたい」

 

これらから

→カザフスタン、モロッコ、チェコに絞られました

 

そして最初に募集の締め切りがあったチェコのカレル大学に応募したら通ったと言うだけです

 

ね?こんな気軽に考えてるんですよ!

留学先を決めるのは「絶対にここがいい」がないのであれば

そこまで難しく考えず、楽しく考えればいいと思いますよ!

 

結局行ってみなければわからないことの方が多いんですから

 

 

 

行きたい大学を決めよう

 

本当は「◯◯大学で◯◯の勉強がしたいから留学したい」って言うのが学問の徒的には理想なんでしょうねぇ…

 

でも僕は「留学に行きたい」から行く。って言うのも十分な理由だと思います

今の時代勉強するだけが価値じゃないですからね〜〜

 

いろんな経験ができるのも学生の特権ですよ!

 

 

そんな訳で大学を決めるのはちょっと難しいかもしれませんが、その国にある大学を調べて一回英語でHPを調べてみましょう。全部読めずとも少なくとも雰囲気はわかりますから。読むに越したことはないですけど!笑

 

 

 

 

 

 

 

手続き

 

さて。大学が決まったら手続きをしましょう。これがめんどくさいやつ。

でも後回し後回しにしていると大変な目に合うので頑張リマショウ…

 

 

基本的に交換留学なら大学が(その担当者が)、私費留学ならそのエージェントが指示はしてくれるので、それに従えばいいだけです。この辺は大学や行く国によって全然違うのでひたすら指示に従います。

 

大事なのはわからないことがあったら全力で担当者に連絡してわかるまで聞くこと

 

まあいっか。って先延ばしにすると大変なことになったりします(経験者)。すぐに行動しろとは言いません。ただ指示があったらすぐにその内容は理解するように努めてください。何をするかわかってない状況が一番恐ろしいです

 

聞くことを恐れないで!めんどくさがらないで!

 

 

 

VISA

 

はい。こいつが一番厄介です

もちろん国によりますけど、普通の観光ビザすら日本人は取る機会が少ないので説明しておくと、

「うちの国に〜くらいの期間滞在してていいよ〜」って言う証明書みたいなものです

これがないと不法入国者ってことになります。捕まります。と言うかまず入国できないか

 

特に留学の場合は長期間であるのと学校に所属するために必要な『就学VISA』なる特殊なVISAが必要です。これの取得は本当に国によって違います。なのでそれぞれの大学やエージェントの指示に従うのみです。

 

運が良ければそこまで苦労しないでしょう。基本的にその国の駐日大使館とやりとりします。彼らは仕事が遅いことが多いので時間に余裕を持って申請手続きを進めて行きましょう!

 

(ちなみにチェコは超絶めんどくさいです)

 

 

留学直前にギリギリVISA取得できる計算でやるととんでもないことになります

 

 

 

保険

 

留学先の大学が加入すべき保険会社を指定している場合があるので気をつけてください

日本の保険じゃダメな場合があります

 

 

TOEFL / IELTS

 

多くの大学が英語の資格条件を課してくることがあります。

そのために多くの人が留学を諦めたりするのですが、勿体無い!実際に何点以上と言う基準を設けていない大学もありますし、英語の試験なんてやるだけやってみればいいじゃないかと思います。受験勉強の延長だと思って!

 

受けてみなければわからないのでとりあえずは受けてみましょう!

後から受けるとなると結構日程が限られていたりするので大変になったりします

 

 

 

 

 

他にもたくさんのやらなければいけない手続きがあるとは思いますが、全部大学や国によってなので指示に従い、わからないところは全部聞いて、指示を理解して準備を進めて行きましょう!

 

 

 

 

個人的にできる準備

 

必須ではないけど、あとはこんなことやるといいよーってのを紹介して行きます

 

 

語学の勉強

 

まあ多くの場合は英語になりますね。僕は正直何もやりませんでした!

忙しかったのもあるけど、実際やる気にならなければできないものです。

でもまあやった方がいいとは思います。やらなくてもなんとかなります。

現地に行ってみて「やばい」ってなったら凄まじく集中して学び出しますから…

 

英語圏以外の国へ行く場合は少しその言語に触れておくといいかもしれませんね

基本的な挨拶だけでも先に覚えておくと生活が楽しくなります!

 

少なくともその言語の教材を1冊持って行くことをオススメします

向こうでもうちょっと勉強したい!ってなった時に日本語の教材は手に入りませんから

 

 

僕の知り合いには別にチェコ語専攻でもなんでもないのにくる前にチェコ語の文法の教材を3周したと言うツワモノもおりました…まじかよ…

 

 

 

その国について学ぶ

 

どちらかと言うとこちらの方がオススメですね。

その国や町の名前で検索して出てきた面白そうな本などを読んで歴史や文化などをより知っていると絶対に楽しくなります。せっかく1長期間その国に「住む」のですから、その国のことをたくさん知って理解を深めてくといいと思います

 

もちろんWeb上の情報だけでもいいですが、せっかくなら好きなテーマに沿って何冊か本を手に取ってみて下さい。実際に行った時に「ああ!そう言うことか!」「ここがあの場所か!」ってなる瞬間があって絶対に楽しいですから

 

 

 

生活準備

 

基本的な生活力を身につけたり、荷物の準備をしたりですね

 

料理ができない人はいくつか料理を作れるようにしたり

向こうで必要になりそうなものを考えておいたり

自分の身の回りのことは全部自分でできることを当たり前にしておきましょう

 

当たり前に聞こえるかもしれませんが、いつもできていた何気ないことが海外では勝手が違ってわからなかったりすることが結構あります。なので少なくとも日本では最低限のことはストレスなく全部こなせるようにしておきましょう!

 

 

 

 

まとめ

 

今回は「とりあえず留学に行ってみたい!」と言う人たちのためにどんなことを考えたり準備すればいいのかをまとめました。

 

留学の価値や目的は人それぞれなので、自分自身が行きたいと思ったらできるだけ行った方がいいと思います

 

「でも自分は〜〜」とかあんまり深く考えないこと。「行きたいと思ったから行く!」そのことに胸を貼って下さい。留学に行きたいと思うことそのものも勇気がいるものです。周りからの批判に負けないで自分の意思を尊重してあげて欲しいです♪

 

 

 

 

留学に行きたいけど、と悩んでる人たちのために少しでもお手伝いができたらなと

 

それでは今日はここまで!

最後まで読んでくださりありがとうございました!

 

 

 

Life留学記
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
あつきをフォローする
ぽんでらいふ

コメント