>> 目的別おすすめプログラミングスクールはこちら!

【ラオス・ルアンパバーン】托鉢に挑む

旅日記

 

 

今年の夏に東南アジア回ってたときに唯一書いた記事が今更発掘された…

 写真が主なのですルアンパバーンの有名な托鉢に関して見てきたものを紹介してますー!

 

(結構お気に入りの写真たちのなので公開したかった)

 

 

 

 

早朝5時、なんとか起きた…

本日はラオスに来た一番の目的である、ルアンパバーンの托鉢を観に行く

 

 

托鉢とは、簡単に言うと

お坊さんたちが街中を練り歩いて、人々に食べ物をもらうというものらしい。

正直あんまりよくわからないが、この感覚の差が仏教に対する意識の差なのだろう

 

ここ、ルアンパバーンはその大規模な托鉢で有名なのだ

 

 

夜明け前で若干薄暗いくらいだが5:30から始まるというので撮影に行って来た。

せっかくなので今回は写真がメイン。 

 

 

ではどうぞ

 

 f:id:mockenbird1010:20170821105647j:image

早朝で薄暗いにも関わらず多くの人が托鉢を待っている

 

f:id:mockenbird1010:20170821105656j:image

通り過ぎて祈る人

彼らにとって、この行為はどんな意味を持つのだろう

 

 

f:id:mockenbird1010:20170821105702j:image

歩みを進めて行く

 

 f:id:mockenbird1010:20170821105714j:image

待つ子

 

f:id:mockenbird1010:20170821105720j:image

自動車がすぎるのを待つお坊さんたち

私たち日本人にはあまり馴染みのない光景

一緒にいてはならないものが同じ場所にいる感じ

それほどこの国にとって仏教は日常的なもの

 

 

f:id:mockenbird1010:20170821105727j:image

子供達は逆にお坊さんから施しをもらえるっぽい

みんなカゴを持って待つ

 

 

f:id:mockenbird1010:20170821105741j:image

こんな器の中にお米を入れて行く

 

 

f:id:mockenbird1010:20170821105751j:image

ちっちゃい子まで朝早くから待機している

 

 

f:id:mockenbird1010:20170821105755j:image

待つ人々

 

 

f:id:mockenbird1010:20170821105807j:image

施し(主にお菓子)

 

f:id:mockenbird1010:20170821105816j:image

流れ流ように渡して行く

 

 

f:id:mockenbird1010:20170821105820j:image

f:id:mockenbird1010:20170821105825j:image

祈る者

 

 

f:id:mockenbird1010:20170821105834j:image

 

 

f:id:mockenbird1010:20170821105839j:image

屹然とした表情

 

 

f:id:mockenbird1010:20170821105844j:image

他の寺院の人々かな?

 

f:id:mockenbird1010:20170821105852j:image

 

f:id:mockenbird1010:20170821105900j:image

過ぎて行くと先回りしてまた施しをもらおうとする

ほとんどストリートチルドレンのよう

 

 

 

だいたい5:30~6:30くらいまでやっていたかな

その後人々は朝市の準備に、お坊さんたちはお寺へと帰って行く。

これが日常であり、毎日行われているというのはに、にわかに信じ難く、日本人の僕からすれば異様な光景だった。

 

こうやってここに住む人々は仏教に帰依しているのだろう。

人々の生活と仏教との日常における一つの交点。不思議な体験だった。

 

一応は仏教国である日本人として観る価値は大いにあるだろう。

 

 

 

 

 

 

旅日記
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
あつきをフォローする
ぽんでらいふ

コメント