>> 目的別おすすめプログラミングスクールはこちら!

一人旅用無料クレジットカードおすすめランキング【海外旅行はクレカ必須】

 

一人旅が好きな人、特にバックパッカーや興味がある人に聞きたいのですが、クレジットカードって持って行ってますか?

 

世界35ヶ国以上を訪問した旅好きとして思うことは、

旅行するなら、一人旅でもクレジットカードは必須。

です。

 

よく、バックパッカーのイメージに憧れてか「自分はクレジットカード持たないぜ!」みたいな人もいますが、どう考えても持っていた方が良いです。お金の有無に関わらず、クレジットカードを持っているだけで良い場面が非常に多く存在します。

(極端なことをいえば、発展途上国の田舎町のカードを使えないような地域に行ったとしても持っていた方が良いんです。)

 

一人旅でも、友達や恋人との旅行でも、クレジットカードを持っているだけで、かなりお得かつ快適に旅行を楽しむことができます。

 

ですが、いきなりカードを持て!なんて言われたって、納得できないですし、そもそもたくさんあるクレジットカードのどれを選べば良いのかもわからないことが多いかと思います。

 

なので今回は、自分のバックパッカーとしての経験をもとに、あまりお金がない一人旅バックパッカーや旅行好きのために、「何故クレジットカードを持っていると良いのか」と「おすすめの無料クレジットカードランキング」を紹介します

 

クレジットカードは基本的に無料で簡単に作れますし、危険なものではなく、世間一般的に当たり前に使うものです。クレジットカードを持っていないだけで損をしているケースがかなり多い世の中です。是非この機におすすめのクレジットカードをゲットしてください。

 

 

 

スポンサーリンク

旅行にクレジットカードを持っていると良い理由

では、そもそも何故一人旅をするに当たって、クレジットカードを持っていると良いのでしょうか。

現金を持つリスクを減らす

まず、現金を持っていること自体危険なのです。海外は当然、日本のように治安がよくて安全な国ばかりではありません。多額の現金を持ち歩いているだけで、詐欺にあったり、スられたりすることは、当たり前のように起こります。

 

もしクレジットカードなら、ジャラジャラと現金を持ち歩くより、目立たず、管理も楽ですし、スられても暗証番号がなければ利用できません。また、たとえ盗まれてもすぐにカード会社に連絡すれば、利用を停止できるので、不正利用されることはほとんどありません。

 

自動付帯保険がついてくる

また、一部のクレジットカードでは、自動付帯で傷害保険をはじめとした海外旅行保険がついてきます。持っているだけで、ある程度の保険がついてくるのです。(しかしこれは一部のクレカだけなので、優良なカードを選ばなければなりません。)

 

海外旅行保険を、保険会社と直接契約すると、確かに安全ですが、かなり高額です。ビジネスなどならまでしも、そこまで高額なものを持ち歩かない、気楽な一人旅の場合はクレジットカードの付帯保険で代用することがおすすめです。

 

オンライン決済をはじめ、現金が使えない場所もある

また、日本と違い、欧米などではキャッシュレス化が急速に進んでいることで、現金が利用できない店舗が多いです。実際にいざレストランに行って、ご飯を食べてから現金は使えないと言われてカードがない、そんな状況になりたくないですよね。

 

航空券やバス・列車の予約や、宿の予約など、オンラインで決済した方が楽なことも多いので、その意味でもクレジットカードは必須でしょう。

 

換金が楽&銀行よりもレートが良い

通貨の換金に関して、日本の銀行はもちろん、現地の銀行で両替すると多額の手数料が取られるか、かなり悪いレートでの両替になることが多いです。しかしクレジットカード会社なら、手数料は取られるとは言え、銀行に比べると全然安いです。

 

現金がなくなった時に、わざわざ銀行を探し、手続きをして両替をするよりも、ATMでサッと換金をして引き出せる方が明らかに便利ですよね。

 

おすすめクレジットカードを選ぶ上での必要知識

実際にどのカードがおすすめか紹介する前に、海外旅行用にクレジットカードを選ぶ時のポイントをいくつか挙げておきます。これらを参考にして、ランキングからカードを選んでみてください。

国際ブランドのおすすめはVISA

クレジットカードには、VISA、Master、JCB、AmericanExpress、Diners Club、銀聯…と様々な国際ブランドが存在します。

 

この国際ブランドのおすすめは、世界シェア率1位のVISAで間違いないでしょう。次いでMasterカードがおすすめです。カードを作る際に、選択できたら、まずはVISAを選びましょう。

 

要するに、国際ブランドによって使えないケースがあるので、出来るだけシェアの高いブランドの方が良いです。なので、VISA + Master + JCB と組み合わせで持っていれば間違いないですね。

 

付帯保険・サポート体制を重視する

海外旅行、特に一人旅において、トラブルはつきものです。予めトラブルが起こることを想定して、カードを選ぶ際に「自動付帯保険」と「サポート体制」を重視して考えましょう。

 

自動付帯保険は、傷害保険、携行品盗難保険、カード自体への保険、ショッピング保険などが十分な金額ついているか確認します。また、24時間体制で電話サポートがついていることも、海外旅行で何か起こったことを考えると安心できます。

 

複数の組み合わせがベスト

クレジットカードはそれぞれ特性が違います。サポートが手厚いカード、海外旅行の自動付帯保険が良いカード、ポイントの還元率が高く利用方法が多いカード、様々な特典がついてくるカードと色々な特性があります。

 

国際ブランドの違いを考慮しても、複数のカードをそれぞれの目的で合わせて持つことがおすすめです。

 

例えば…

基本ポイント還元率の良い普段使い用のA社のVISAカード

海外旅行保険とサポートが充実しているB社のMasterカード

ネットショッピングでの還元が良いC社のJCBカード

のように組み合わせてあげると、様々な状況に対応することが可能です。

 

一人旅におすすめなクレジットカードランキング

実際に、一人旅でおすすめのクレジットカードのランキングを紹介します。上で紹介した要素を併せて、この中から選べば間違いないでしょう。
基本的には、全て年会費無料で利用できるものから厳選しました。

1位 エポスカード

国際ブランド:VISA
年会費:永年無料
ポイント還元率:通常0.5% / 携帯電話・公共料金1% / Amazon・Rakuten等2%
海外旅行付帯保険:疾病・傷害保険200万円 / 携行品損害20万円
サポート:24時間日本語での電話サポート可能
その他カード:ETC・Apple Pay利用可能

クレジットカード初心者に優しく、総合的にサポートが手厚いエポスカードです。

申し込みから最短で即日受取可能というほど、簡単に作れて、すぐに受け取れます。(郵送なら3日〜1週間ほどです)多くのクレジットカードは、審査が厳しく手続きが面倒なところも多いですが、エポスカードはとにかく初心者にも優しく、比較的簡単に作れるようになっています。

 

アプリでの管理も簡単で、いつでもすぐに利用明細を確認できます。利用・ログインの際にメールを受け取ることができるので、不正利用も防げて、初めてでも安心してクレジットカードを持つことができます

 

ポイントの還元率も比較的高く、海外旅行の付帯保険もしっかりしています。また、海外でトラブルがあった際のサポートデスクの24時間日本語対応がしっかりとしていて、海外旅行用カードとしても人気が高いです。

 

・審査が早いのですぐ使い始められる!
・初めてのクレジットカードにもおすすめ!
・海外旅行の保険・サポート共にしっかりしていて安心!

 

\期間限定で新規入会最大8000ポイントプレゼントのキャンペーンを行なっています/

 

2位 三井住友クラシックAカード

国際ブランド:VISA
年会費:初年度無料・翌年以降条件付き無料(年間利用額1500円以上/学生250円)
ポイント還元率:基本0.5% / Amazon等PointUPモール利用で2~20倍
海外旅行付帯保険:最大2500万円
ご利用可能枠:10~80万円(学生 10~30万円)
サポート:世界主要都市に無料サポートデスク
その他カード:ETC・iD・Wawon・PiTaPa・Apple Pay

おすすめは三井住友カードの中でも、海外旅行保険に強い三井住友クラシックAカードです。

国際ブランドが最大シェアを誇るVISAなので、ほぼ間違いなくどこでも利用可能です。三井住友カードという知名度も高く、安心して利用することができます。

 

海外旅行の付帯保険が最高額2500万円と高額になっています。更にこのカードなら国内旅行でも付帯保険が付いて来るのが特徴。海外でのトラブルに際して、日本語でのサポートがしっかりしているという特徴もあります。

 

本来は2年目以降年会費が1500円かかるのですが、「マイペイリボ」に設定し、年に1回以上カードの利用の条件で年会費無料になります。また、学生なら年会費250円という破格の設定で持てます。

 

・国内/海外共に付帯保険があり、最高金額が大きい!
・昔から知名度が高いカード会社なので安心!
・有料カードだが、簡単な条件で年会費無料になる!

 

\今なら最大で10000円分のキャッシャバック実施中です!/

 

3位 楽天カード

国際ブランド:VISA / Master / JCB / AmericanExpress
年会費:永年無料
ポイント還元率:基本1% / 楽天加盟店2倍 / 楽天市場最大3倍
海外旅行付帯保険:最大2000万円/ 疾病・傷害治療保険200万円 / 携行品損害20万円
ご利用可能枠:10~80万円(学生 10~30万円)
サポート:24時間無料日本語電話サポート
その他カード:ETC(有料)、楽天Edy利用可能

ポイント還元率が高く、楽天ポイント提携店、楽天市場を始めとして、とにかくザクザクポイントが貯まるのが魅力な年会費無料のクレジットカード

 

ポイント還元率が非常に高く、楽天ポイント自体も使いやすいので、海外旅行を抜きにして日常使いのクレジットカードとしてかなりおすすめです。もともと楽天市場や楽天銀行を利用している人なら、合わせて利用できるので絶対に持っておくべきカード

 

また、海外旅行に関しては、付帯保険は当然のように付いているのに加えて、楽天カード会員特典としてレンタルwi-fiやレンタカーが10~20%ほど割引で利用できるのも大きなメリット。

 

Rakuten Travelという楽天が運営している、旅行サイトの利用も全てポイント2倍なので、ツアーや宿泊予約でもガンガンポイントが貯まってお得になっていきます。

 

・とにかく圧倒的にポイントの貯まりが良いカード!
・海外旅行の付帯保険も、レンタカーやwi-fiの割引サービスも充実!
・様々な国際ブランド利用可能

1枚目と言わずに、是非2枚目3枚目としてでも持っておきたいカード。万人におすすめです

 

\5000ポイントGETキャンペーン中/

 

4位 Booking.comカード

国際ブランド:VISA
年会費:永年無料
ポイント還元率:基本1% / Booking.com宿泊5%
海外旅行付帯保険:最大2500万円/ 疾病・傷害治療保険200万円 / 携行品損害20万円
ご利用可能枠:10~80万円
サポート:24時間無料日本語電話サポート

三井住友カードと世界最大のホテル予約サイトBookig.comが提携した年会費無料クレジットカードです。

今ならカードを作るだけで、Booking.comのGenius会員になることができます。具体的な特典としては、Booking.comの人気宿泊ホテルが10%offになったり、レイトチェックイン・チェックアウト、空港無料送迎、ウェルカムドリンクなど様々な嬉しい特典が得られます。

 

また、Booking.comの予約に利用するとポイント還元率が5%と非常に高くなります。年会費も永年無料なので、Booking.comを利用する方は是非とも持っておきたいカード。

 

・三井住友カード × Booking.comのカード
・申し込むだけでGenius会員になって様々な特典を受けられる!
・Booking.com利用でポイントがめちゃくちゃ貯まる!

 

\条件を満たせば5000円キャッシュバックキャンペーン中/

 

5位 JCB CARD w

国際ブランド:JCB
年会費:永年無料
ポイント還元率:(OkiDokiランド利用基本)1% / Amazon・セブン等2%
海外旅行付帯保険:最大2000万円
ご利用可能枠:10~80万円
サポート:24時間無料日本語/英語電話サポート
その他カード:ETC・Apple Pay・QuickPay

唯一日本発の国際ブランドJCBの自社カードです。年会費も無条件で永年無料。

Web会員限定のカードで、年会費無料でちょっとお高いイメージのあるJCBのカードを持つことができます。イメージだけでなく、JCBもやはり大手クレジットカードなので、信頼して持つことができます。

 

一つデメリットとして、ポイントシステムが非常に複雑でわかりづらいです。単純化すれば、だいたい基本還元率が1%なのですが、提携店や条件やキャンペーンによって結構異なってきます。

 

また、JCBは日本のブランドだけあって、海外旅行ではこれ一枚では通用しないことが多々あります。(国内ではかなり普及している。)なので、VISAやMasterカードを持った上での、2枚目3枚目としておすすめしたいカードです。

 

・年会費無料でJCBのカードを持てる!
・国内には強く、海外では使えないこともある国際ブランド
・ポイント還元率・付帯保険・サポート体制もどれも標準以上!

 

\新規入会で3ヶ月間ポイント4倍キャンペーン中/

 

その他便利なおすすめカード

基本的には上の5枚がおすすめのカードです。その中から2~3枚のカードをバランスよく持っていれば、完璧でしょう。ですが、人によっては便利なカードもあるので、ランキング外でのちょっと変わったカードも紹介しておきます。

JCB EIT リボ専用カード

国際ブランド:JCB
年会費:永年無料
ポイント還元率:OkiDoki2倍
海外旅行付帯保険:最大2000万円

JCBカードの提供する、リボ払いメインで使う人に嬉しい、リボ払い専用のカードです。支払い方法はリボ払いのみになります。初回手数料無料!

 

毎月自分で決めた金額だけを支払いできます。月ごとの経済的余裕にあわせて支払い金額のコントロールがきるのが嬉しい点。月の支払い設定金額はMyJCBや電話で簡単に変更できます。

 

会員専用のMyJCBというWebアプリを利用して、支払いの明細の管理などが簡単に行えます。
また、ショッピングガード保険が年間100万円まで付いてきます。

 

 

マネパカード

クレジットカードではなく、国際プリペイドカード。Suicaやnanacoなどのイメージ。プリペイドなので予め専用の口座に入れておいた金額分だけを利用できるの、カードによる使いすぎや、不正利用の対策にも有効です!

 

もちろん年会費無料で申し込めて、各種手数料が他のクレジットカード等と比較して日本最安価となっています。Master Cardが利用できる場所でならどこでも利用できるので、かなり使い勝手は良いです。

 

マネパカードを利用するメリットとしては、余った外貨を無駄なく利用できるという点です。帰国して、外貨が余ったとしても、手数料無料で日本円に換金して日本で利用することが可能になります。これはめちゃくちゃありがたいですね…!

 

クレジットカードとは違って、与信審査がないので、15歳以上なら誰でも気軽に申し込めて、5分で申し込みは終わるのでとにかく気軽に利用し始めることが可能!まずは申し込んで作ってみましょう!

 

海外旅行中のお金やカードの管理に関して

いくら現金を減らしてカードにするからといって、やはり一人旅などの海外旅行で100%の安心安全なんてことはありえません。現金をたくさん持ち歩くよりもはるかにリスクは減りますが、それでも気をつけなくてはいけないのは事実です。

 

一人旅中に現金やクレジットカードの扱いとして、どのように気をつければいいのかをというポイントをまとめておきます。

その辺に置かないようにしよう

当たり前の話なのですが、当然その辺に置いたままにしないようにしましょう。必要最低限以外は人に見えない場所にしっかりとしまっておくこと。

 

当たり前なのですが、平和ボケなのか日本人は海外に行っても平気で机の上に、現金もクレジットカードも身分証も入れた財布を出しっぱなしにしたりします。またはズボンの後ろのポケットに入れておいたりします。スリからしたら絶好のカモなので、くれぐれもそんなことのないように貴重品は常に身につけましょう。

 

財布を複数用意する

日本で普段使いする財布でそのまま来る人がいますが、旅行用に別に財布を用意することをおすすめします。何なら更に小銭入れを別に作って3つにわけてもいいかもしれません。

 

こうする理由はリスクの分散です。最新の注意を払っても、もし失くしてしまったり、盗まれてしまった時に、その財布に全てを入れていたらどうなりますか?宿にも泊まれませんし、電車にも乗れません。誰かと一緒ならまだしも、一人旅なら最悪です。

 

そうならないために、リスク分散として複数の財布を用意しておくのがおすすめです。

 

セーフティーポーチを利用しよう

更に一番重要なものを肌身離さないように、「セーフティーポーチ」を利用するのがおすすめです。常に身体に巻きつけておくことで、何が盗まれようとも最低限のものを守れます。パスポート、クレジットカード1枚、最低限の現金、日本円あたりを入れておきます。

 

腰に巻くタイプと、首などから下げておくタイプがあります。

 

当たり前のことではあるのですが、これらの基本的な旅行の対策はしておきましょう。特に一人旅なら、自分のクレジットカード・お金は自分で守らなくてはいけません。そのための対策は十分しておきましょう。

 

まとめ

 

一人旅であろうと、旅行するに当たってはクレジットカードは絶対に必要です。持っていないだけで、損していることがかなりあります。

 

そんな無駄な損をしたくなければ2~3枚を、目的を分けてバランスよく持っているようにしましょう。